STREAM EXCHANGE 最強ウエストバッグ(ボディーバッグ)

ファッション

こんにちは!おでん正宗です。

おでん正宗は、ちょっとした買い物や外出では、いつもウエストバッグ(ボディバッグ)を斜め掛けして愛用しています。

メインの持ち物は、財布スマホ車のカギで、買い物などで荷物が増えた時のためにエコバッグを忍ばせています。

それにウォーキングやサイクリングの時にはタオル水筒かペットボトルの水携帯食なんかも入れることがあります。

それくらいの荷物だと、サコッシュではちょっと力不足、リュックでは大袈裟な感じです。

なので、ウエストバッグが丁度良いんですよね。

これまでは、MYSTERY RANCHヒップモンキー2というウエストバッグ(ボディバッグ)を愛用していまして、これは容量8ℓのかなり使い勝手の良いバッグではあるんですが、おでん正宗の場合は大抵の場合容量を余らせていました。

それで、気持ち小さめのシンプルなウエストバッグ(ボディバッグ)を探していたところ見つけたのが、STREAM EXCHANGEというAmazon限定ECブランドのウエストバッグ(ボディバッグ)です。

広告

STREAM EXCHANGE の ウエストバッグ(ボディバッグ)

STREAM EXCHANGE について

STREAM EXCHANGEAmazon限定ブランドです。

EC@JAPANセレクションの最高峰である金賞を受賞しているECブランドということです。

EC@JAPANセレクションとは?

おでん正宗は、EC@JAPANセレクションというものを知りませんでしたが、この機に調べてみました。

すると審査の基準や具体的な数値なども公表されていて、飾りじゃなくちゃんとした賞のようです。

各分野ごとに品質・接客・配送・アフターケア・スピード5つの審査基準で審査されます。

詳しく知りたい方のためにリンクを貼っておきます。

EC@JAPAN | 優れたEコマース企業の証
インターネット通販(EC)の力で日本経済をより元気にしたい。

STREAM EXCHANGE のウエストバッグ(ボディバッグ)の良い所

大容量4ℓながらコンパクトな見た目

このバッグは4ℓの大容量なんですが、シンプルな見た目のせいか実際の容量よりはコンパクトに見えます。

どのくらい大容量かというと、下記の財布スマホペットボトル(500ml)、プロテインバーエコバッグハンドタオルヘッドホンケースを全部収納してまだ若干の余裕があります

もしこれ以上を入れたいとなると、よりサイズの大きい物が適していると思います。

おでん正宗も愛用しているミステリーランチヒップモンキー2あたりが8ℓの容量がありおすすめです。

広告

7つのポケット(内一つは防水ポケット)

STREAM EXCHANGEウエストバッグ(ボディバッグ)には計7つのポケットがあります。

メインコンパートメントの中には、伸縮性のあるメッシュポケット通常のポケットがあり3つ。

チケットや切符、カードなんかを入れるのに最適なフロントポケットがあり4つ目。

500mlのペットボトルや折り畳み傘も入る防水ポケットがあり5つ目。

それからキーホルダーの付いたバックポケットとバックポケット内にもう一つ名刺サイズの小型のポケットがあり7つ目となります。

ファスナーはすべて信頼のYKK製

いくらデザインが良くても、ファスナーが粗悪な物だと使い勝手が一気に悪くなりますが、安心して下さい!

このウエストバッグ(ボディバッグ)ファスナーはすべて信頼のYKK製です。

用途が多彩

STREAM EXCHANGEウエストバッグ(ボディバッグ)のデザインはシンプルです。

メーカーロゴでさえも、内側に控えめにタグで付いているだけ。

そのため、普段使いや、買い物、旅行、バイクやゴルフ、釣り、サイクリングなどのアウトドアでも使い勝手が良く、用途が多彩なんです。

コスパ最強!

このクオリティのウエストバッグ(ボディバッグ)皆さんはいくら位だと思いますか?

スポーツやアウトドアのブランドロゴでも入っていれば4000円から5000円位しても、おかしくはないでしょう。

しかし、このウエストバッグ(ボディバッグ)は、おでん正宗が購入した時点で、なんと2980円

安い!安すぎる!

広告

まとめ(オチあり)

今回は、思いがけず見つけた良品のウエストバッグ(ボディバッグ)をご紹介しました。

本当にデザインも好みで使い勝手も良くて、おでん正宗だったら6000円だったとしても、きっと買うと思います。

ところで、今回はオチがありまして・・・

サムネイルの写真を撮る時に妻に協力してもらったんですが、妻もこのバッグをすごく気に入ったようで、そのまま妻の物になりました。

そんな訳でまた、買わないといけません(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では、また!

タイトルとURLをコピーしました