運動不足の40代、硬く凝り固まった体を解きほぐす方法!

心と体の健康

こんにちは!

40代も半ばとなりましたおでん正宗です。

ここしばらくはコロナ禍で、外出や運動の機会も少なくて元々固めのこの体、もうバッキバキです。

体が硬くなると、あちこち痛くなったり、

動きもぎこちなく、疲れやすかったりと、色々よろしくありませんね。

日々のメンテナンスで良い状態を保って、いつまでも若々しくいたいものです。

あ、ちなみに現職ではありませんが、おでん正宗は、はり・きゅう、カイロプラクティックなどの資格を持っているんですよ。

そんな、おでん正宗が、硬く凝り固まった体を解きほぐす方法をご紹介して参ります。

スポンサーリンク

硬く凝り固まった体を解きほぐす方法!

ストレッチとマッサージ

硬く凝り固まった体を解きほぐすのにはストレッチとマッサージが効果的です。

ストレッチやマッサージを行うときは、いきなりやらずに軽い運動をして体を温めるか、入浴後などに行うと思いがけず体を痛めたりするのを防止でき効果的です。

1冊あれば便利!「オガトレの 超・超・超かたい体が柔らかくなる30秒ストレッチ」

広告

皆さんストレッチのやり方は、熟知されていますか?

そうでないなら、こういった本が1冊があると便利です。

この本は開いたページが勝手に閉じないようにできているので、見ながらストレッチする時に便利です。

トリガーポイント グリッド フォームローラー

広告

このフォームローラーは、画期的です。

自重を利用してほぼ全身をマッサージできます。

めっちゃ気持ちいい!

多少値段の安い類似品がたくさんありますが、ちょっと硬すぎたりしておでん正宗には結局これがベストでした。

類似品を買って失敗するくらいなら、最初からこちらを買うのが正解です。

やり方は取説や、解説動画がYouTubeにありますので、それをご覧になって下さい。

動画でわかるトリガーポイントの使い方 | トリガーポイント™ 公式サイト

ちなみにトリガーポイントとか、筋膜リリースっていう言葉自体は、おでん正宗がはり・きゅうやカイロプラクティックの資格を取った20年前には既にありました。友人の理学療法士なんかも学校で習ったと言っていました。

この商品は本来、キャシディー・フィリップという人が作ったトリガーポイント・パフォーマンスセラピー(TPPT)というセルフケア療法に使用する道具です。

What's TRIGGERPOINT™? | トリガーポイント™ 公式サイト

トリガーポイント マッサージボール(小)

広告

バレリーナやアスリートなんかが、テニスボールを使ってマッサージしたりしますが、同じ要領で使います。

痛気持ち良い場所を見つけて自重でマッサージします。

テニスボールで代用はできるんですけども、専用に作られたこちらがやはり使いやすいです。

テニスボールは立位で足の裏をマッサージしていた時に一度パンクしたことがありますが、

こちらなら体重がある人でもパンクする心配がないです。

テニスボールよりは少し硬い印象です。

トリガーポイント マッサージボール(大)

広告

大抵の場所は上のテニスボール大のマッサージボールで足りるんですが、おでん正宗は、お腹の前から腸腰筋をマッサージするのに、ソフトボール大のこちらを使っています。しかし、そんなことをする人はそれ程多くないと思いますので、こちらは必要な人だけ購入すれば良いと思います。

ソフトボールで代用できなくはないですが、ソフトボールも結構高いのでマッサージ目的なら、やはり最初からこちらを購入した方が合理的です。(たまたまソフトボールが家にあるという人なら別ですが)

まとめ

おでん正宗が、実際に行っているストレッチやマッサージをご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

コロナ禍で、外出や運動の機会が減っている今、意識的に取り組んで行かないと、中年の体はすぐにバッキバキに固まってしまいます。

体が硬いと、動きがぎこちなくなり、腰や膝などあちこち痛めがちですし、良いことは一つもないですから、日々のメンテナンスでしなやかで健康的な体を維持していきたいところです。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では、また!

タイトルとURLをコピーしました