なんか楽|無印良品の足なり直角靴下がおすすめ!

家族と生活

こんにちは!

基本的には裸足が好きなおでん正宗です。

とはいえ仕事や外出時、冬場はそうも言っていられません。

靴下を履くわけなんですが、靴下のゴムが強いと跡がついたり、

かゆくなってきたりします。

どこかに良い靴下はないかと、やっと探し出した一品をご紹介します!

無印良品の「足なり直角靴下」です。

スポンサーリンク

無印良品の足なり直角靴下がおすすめなんです。

s1000106_1

直角な理由

①足のかたちに合わせてかかとが90°

②フィットするから、はき口の締め付けも最小限に

③フィットするから、甲のもたつきも軽減

④フィットするから、飛んでも跳ねてもずれにくい

出典:無印良品HP 2016.10.23

おでんが初めて履いたのはもう何年も前ですが、

この履き心地はおどろきでした。

といっても、履いてすぐはどこが違うんだろって思ったんです。

でも、じわじわくる!

足のどこも不自然に締め付けられることがなく、それでいてずり落ちてこない。

足首にゴムの跡が付くことも皆無です。

足なり直角靴下の原点は、チェコのルジェナおばあちゃんが編んだ靴下

110810_img02

(略)チェコのおばあちゃんの手編みの靴下を日本の靴下に反映した「足なり直角靴下」が誕生したのです。

2006年11月、たった3アイテムでスタートした「足なり直角靴下」は、大ヒット商品となり、2010年2月には無印良品のすべての靴下が直角になりました。

出典:無印良品HP 2016.10.23

冷え性の方には特におすすめ

無印良品の足なり直角靴下は、足先が冷えてしまうなど、

冷え性の方には特におすすめです。

足先が冷えるのは血液の循環不良が一因ですから、

いくら厚手の靴下を履いても締め付けてしまっては元も子もありません。

無印良品の足なり直角靴下は70%はオーガニックコットン素材でですが、

ウールを使用したものあります。

ウールの保温性は優秀で、特に濡れた時に保温性を損ないにくいのです。

汗を最もかくという足を包む、靴下には特に適した素材といえるでしょう。

オーガニックコットンやウールなどの天然素材は、

下着類や靴下など直接肌に触れる部分に身につけるものには最適ですよね。

発売から10年以上人気を維持

「足なり直角靴下」は発売から10年以上人気を維持しており、

すっかり無印良品の定番商品となりました。

細かい改良を繰り返しながらも、

10年も愛され続けてきたというのは足なり直角靴下がいかに良いかというなによりの証明だと思います。

よりどり3足で990円という良心的な価格

よりどり3足で990円という価格は良心的というよりは、むしろ愛すら感じます。

靴下って基本的には消耗品だから、990円という価格は大変助かります。

まとめ

無印良品の大定番商品!

発売から10年以上人気を維持している「足なり直角靴下」のご紹介でした。

おでんは、そこまで神経質ではないんですが下着や靴下など普段、

直接肌に身につけるのは、やっぱりオーガニックコットンのような天然素材のものが良いですね。

おっさんの家では妻も子供も、みんな足なり直角靴下を履いています。

別におっさんがすすめたわけではなく、自然とそうなってたんです。

本当に良い物っていうのはそういうものなのかも知れませんね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では、また!

タイトルとURLをコピーしました