電子書籍で漫画を読むならKindlePaperwhiteがおすすめな5つの理由

漫画

こんにちは!

三度の飯より漫画好き、おでん正宗です。

漫画はジャンルを問わず、大量に読むので一時は部屋が本棚だらけで、

漫画喫茶か、図書館かって感じになってしまい、

いつか床が抜けるんじゃないかって、本気で心配していました。

漫画は大事に保管していても、

いざリセールの時には、段ボール一箱3000円(泣)。

価値観の変化がありまして、今では電子書籍派となりました。

おかげで部屋はすっきり広くなったし、

電子書籍は鞄に入る図書館みたいなもので、すごく快適です。

さて、漫画を電子書籍で読むことにして、

最初に悩むのが電子書籍のリーダーをどれにするかだと思います。

もちろん、スマホでも読めないことはないのですが、

漫画を読むうえでは快適とはいえません。

おでんは、AmazonKindle Paperwhiteをおすすめしたいのですが、

この記事ではその理由を解説します

スポンサーリンク

電子書籍リーダーは、AmazonのKindle Paperwhiteをおすすめする理由

おでんは、電子書籍リーダーはAmazonKindle Paperwhiteをおすすめしたいのですが、

万人におすすめという訳ではありませんので、最初に前提条件を確認しておきたいと思います。

前提として電子書籍媒体は、Amazon kindleか楽天Koboか?

電子書籍の媒体は沢山ありますが、

現在の2大選択肢が、Amazon kindle楽天Koboです。

この二つは、DRM制限があるため、それぞれに互換性がなく

Amazon kindleの電子書籍リーダーでは、楽天Koboは表示できませんし逆も同様です。

なので、私たちはどちらか選択しないといけません

この記事では、AmazonKindlePaperwhiteをおすすめする理由を書いていきますので、

楽天Koboを選んだ方には、意味のない記事となります。

  • ネット通販は、普段Amazonを使っている→Amazon Kindleがおすすめ
  • ネット通販は、普段楽天を使っている→楽天 Koboがおすすめ
  • できれば、どちらか一方を選ぶのがおすすめ

Fireタブレットを選ぶか、Kindle端末を選ぶか?

さて、電子書籍をAmazon Kindleで運用していくことまでは決まりました。

次に悩むのがFireタブレットにするか、Kindle端末にするか?ということです。

Amazonの電子書籍リーダーには、カラーで動画も見れるFireタブレットと、

モノクロ液晶だが、目に優しく軽くて携帯性の良いKindle端末の二つの選択肢があります。

  • 少し重くてもカラーで読みたい、動画も見たい→Fireタブレット
  • 白黒で良いので読みやすく、軽量で携帯性が重視→Kindle
  • 両方購入もあり

Fireタブレットは、他のAndroidタブレットに比べて制限はあるものの、

コスパが良い優秀な端末ですが、今回はKindle端末の良さについて解説を続けたいと思います。

Kindle端末のラインナップ 一番売れてるPaperwhiteモデル

Kindle 一番廉価なモデル

  • 参考価格:8,900円~ Kindle端末で一番廉価なモデル。
  • ディスプレイ:6インチ反射制御スクリーン
  • メモリ:8G
  • 解像度:167ppi
  • フロントライト:LED4
  • 接続:wifiのみ

広告

Kindle Paperwhite 一番売れ居ているモデル

  • 参考価格:13,980円~
  • ディスプレイ:6インチ反射制御スクリーン
  • メモリ:8G/32G
  • 解像度:300ppi
  • フロントライト:LED5
  • 接続は:wifiまたはwifi+無料4G

広告

Kindle Oasis 最上位機種

  • 参考価格:29,980円~
  • ディスプレイ:7インチ反射制御スクリーン
  • メモリ:8G/32G
  • 解像度:300ppi
  • フロントライト:LED25
  • 接続は:wifiまたはwifi+無料4G

広告

Kindle Paperwhiteをおすすめする5つの理由

1価格と性能のバランスが一番良い

Kindle端末は現在3機種のラインナップがありますが、

Paperwhiteモデルの優れたところは、価格と性能のバランスが良い所です。

それは、高級機のOasisは間違いなく良いのですが、価格が29,980円~と、なかなかのお値段です。

3機種の中で一番売れているのは、これが理由に間違いないと思います。

2メモリ32Gのラインナップがある

Kindle Paperwhite以上には、メモリ32GBのラインナップがありますが、

32GBのストレージといえば、漫画700冊!

週刊少年ジャンプで40年連載していた

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(通称:こち亀)ですら全200巻です。

ストレージの容量としては、十分じゃないでしょうか。

逆に8GBは少し物足りない感じがします。

3軽量200g以下で携帯性が抜群

おでんの家の本棚1つ数えてみたら、およそ300冊でしたから、

実に本棚2つ分以上を200g以下の端末ひとつで携帯できるんですから、

すごい時代になったものです。

また、漫画のページめくりスピードも従来品より33%もアップしています。

小説よりも短い時間でページをめくっていく漫画ではこれは大きい。

4防水機能があって日常生活でも安心、使い方の幅も広がる

Kindle Paperwhite以上には、防水機能があります。

IPX8等級の防水機能を備えているので日常使いで安心ですし、

お風呂で読書など使い方の幅も広がります。

5目に優しく読みやすい

Kindle Paperwhiteはe-inkスクリーンを搭載、本物の紙のような見易さです。

また、300ppiの高解像度で明るめのフロントライト、反射制御スクリーンは、

屋外でも見やすく、目に優しくて疲れにくいです。

まとめ

楽天Koboではなく、Amazon Kindleでの電子書籍運用を決め、

カラーで動画も見れるFireタブレットより、携帯性が良くて目に優しいKindle端末を選んだなら、

Kindle Paperwhiteがおすすめです。

理由は、

  1. 価格と性能のバランスが一番良い
  2. メモリ32Gのラインナップがある
  3. 軽量200g以下で携帯性が抜群
  4. 防水機能があって日常生活でも安心、使い方の幅も広がる
  5. 目に優しく読みやすい

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

では、また!

タイトルとURLをコピーしました