久しぶりに購入したモバイルバッテリーが驚きの進化をしていた!

こんにちは!

老眼の進行とともに、だんだんとスマホが辛くなり

最近は専らタブレットを愛用中のおっさんです。

タブレットを自宅外でも使用する頻度が多くなりモバイルバッテリーが欲しくなったわけですが、おっさん大分前に買ったアンカー製のモバイルバッテリーを使用してきまして、今回久しぶりの購入です。

そして、自宅に届いて驚愕!

小さい!

モバイルバッテリーなんて中にはリチウムイオンバッテリーが入っているわけで、

それほど大きな変化など起こりっこないと思っていたのですが、

届いたものは一回りどころか二回り以上小さくなっていて驚愕しました!

あまりの変化に少し調べてみたところ、

中のリチウムイオンバッテリーの一本当たりの容量が増えたことで、

今までより少ない本数で以前と同等の容量が実現できるようになったようです。

いや、ほんとすばらしい!

下におっさん、おすすめのモバイルバッテリーをご紹介しますので、

モバイルバッテリーを数年前に買ったきりのひとは是非見てみて下さい。

おすすめモバイルバッテリー

Anker PowerCore II 20000(超大容量、2ポート)

広告

Anker PowerCore II 20000は20000㎃の大容量かつ2ポートを備えており、iPhone8を約7回、iPad Pro 9.7インチを約2回充電可能です。

前モデルと比較して約1.8倍の入出力に対応、PowerIQ2.0機能により接続された機器を自動的に判別し、最適な電流を流すことができる。

またQuickCharge対応充電器を使用すれば、バッテリー本体の充電も約5時間で満タン!と安心感抜群です。

Anker PowerCore II 10000(大容量)

広告

次いで10000㎃のAnker PowerCore II 10000です!

サイズと容量から最も汎用性の高い商品と思います。

iPhone8を3回充電可能で、一日使う分を持ち運ぶならこのサイズがベストですよね。

もちろんPowerIQ2.0対応です。

Anker PowerCore II 10000 Slim(大容量・スリム)

広告

こちらは10000㎃のスリム版です。この薄さは良いですよね。

薄くデザイン性が良い代わりに通常のPowerCore IIより長く重いです。どちらが良いかは各人のニーズによりますね。

Anker PowerCore II 6700(中容量)

広告

保険で持ち歩くのには良いサイズです。とはいえ一般的なスマホを数回は充電可能なので十分と言えば十分ですね。ちなみにPowerIQ対応です。

Anker PowerCore 5000 Slim(小容量)

広告

ここまで薄くなると、ぐっと魅力がまします。

小容量とかきましたが、5000㎃です。保険で持ち歩くには十分で荷物にもならないので基本スマホだけ持ち歩く人には十分なのではないでしょうか。スマートです!

Anker PowerCore 5000 (小容量)

広告

こちらはいかにもリチウムイオン電池1本という形ですが、この形が良い!

おっさん、趣味でロードバイクに乗るんですが、ベルクロやゴムバンドでハンドルやフレームに固定しますとスマホをナビやサイコン代わりに使っている人は重宝すると思います。

ロングライドすると後半バッテリーが不足することが多くて、しかしロードバイクなのでで重い物は極力持ちたくないのでこれは大変便利です。
他にもこの形状ゆえのメリットは色々なところにあるのではないかと思います。

工夫次第ですごく便利なものです!

まとめ

久しぶりにモバイルバッテリーを購入して、嬉しい驚きがあったので記事にしてみました。

おっさん、みたいに大分前に購入してずっと同じものを使っている人はこの機に買いなおしてみるのも良いかもしれません。

結構大きな進化に驚いていただけると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

シェアする

フォローする

スポンサーリンク