エディーバウアー ファッション情報

エディーバウアー | この春、絶対おすすめの軽アウター5選

こんにちは!

季節は春、徐々に気温も上がってきましたが、

朝夕などはまだまだ肌寒く、寒暖の差が激しいですよね。

この季節は1着、薄手のライトアウターがあると便利です。

 

30歳~40歳ってファッションの傾向を少しずつ変えていく時期だと思います。

若者向けのファストファッションもうまく使えば良いですが、

多様し過ぎると単に貧乏くさいおじさんになってしまいますよね。

 

Safariなんかのミドルエイジ向けのファッション誌なんかにも良く取り上げられる

エディーバウアーっていうアメカジブランドがあるんですが、

これなんかお値段も手ごろでおすすめです。

アメカジなんで休日アウトドアや買い物などにもぴったりです。

 

広告
エディー・バウアー オンラインストア

エディー・バウアーは若すぎ、痩せすぎでは似合わない

おっさん、アウトドアが好きなのでエディー・バウアーは昔から恰好良いと思っていたんですが、

若いころは服に着られてしまうような感じでどうも似合わなくて実際には着なかったんです。

エディー・バウアーって若すぎたり、痩せすぎたりではあまり似合わないんですよね。

エディバウアーを着たおじさんたちが羨ましかったなぁ。

そうこうしている内におっさんも年をとり40代となりました。

まあまあエディー・バウアーも着こなせるようになってきました。

 

エディーバウアーを買うときはサイズに注意

ただし、エディーバウアーを買うときはサイズは要注意です。

おっさん普段はXLサイズですが、エディーバウアーだとMサイズです。

2サイズ下が丁度良いなんて精神衛生的には良いですが、

普段の感覚で選ぶと大抵ブカブカのものが届きますので、

自分の着ている服を採寸してカタログと比較して選ぶと良いと思います。

 

お手軽交換便無料サービス

万一サイズが合わなかった時も救済があります。

おっさんもネット通販してみたが、サイズ交換は無料でできるようです。

仕組みとしては電話連絡して交換商品のお届け時に、

無料で返品商品をを引き取りしてくれるとのことです。

これは良いサービスですよね。

広告
エディー・バウアー オンラインストア

関連記事

最近の日本の服のサイズはいくらなんでも細すぎでしょ!

 

おすすめ|春先に丁度良い軽アウター 5着

春先は寒暖の差も大きくて調整が難しいですが、

重宝するのは適度な厚さの軽アウターですよね。

エディー・バウアーの軽アウターならフォーマル寄りからカジュアル寄りまでラインナップが豊富でおすすめです。

 

コットンストレッチスラブカバーオール ¥9900(税別)

広告


エディー・バウアーコットンストレッチスラブカバーオール

おっさんの一番のおすすめ

デザインもきれいで、綿98%、ポリウレタン2%でストレッチ性があり着心地は抜群。

裏地がないので通気性も良く春先に最適なカバーオールです。

 

スタンドカラーショートコート ¥13900(税別)

やや張り、コシがありテフロン加工により耐久撥水性も備えており実用的な1着です。

アウトドア感とキレイ目感のバランスが丁度良い感じです。

 

タイム&ダイストレッチブレマートンカバーオール ¥11900(税別)

カポックファイバーという東南アジアに生息するカポックの種子をコットンとブレンドした素材でできており、

軽量でストレッチ性もあるため着心地は快適。

 

 

長袖ミニショールカラーダブルフェイスピケボタンフロントカバーオールジャケット ¥12900(税別)

広告

エディー・バウアー長袖ミニショールカラーダブルフェイスピケメタルボタンフロントカバーオールジャケット

綿100%、ダブルフェイス鹿の子のカバーオール。

肌触りも良く、ショールカラーでやさしい感じの一着です。

 

ストームリぺル スカイキルトジャケット ¥12900(税別)

耐久撥水加工の「ロクヨンクロス」使用、

ジャンパー風のデザインで中綿がないため春先に丁度良いアウターです。

 

広告
エディー・バウアー オンラインストア

まとめ

エディーバウアーの軽アウター5着を厳選してご紹介しました。

懐事情は様々かと思いますが、

全体的に¥10000前後で安っぽすぎず高すぎない丁度良い値段で、

機能的でデザインも良いので30代~40代のおっさんと同じくらいの男性、

最近の日本の服はシルエットが細すぎると感じている方には特におすすめです。

逆に細めの方には服に着られているような感じになってしまうかもしれません。

逆に胸板が厚く肩幅のある方なら、ちょっとくらいメタボでも着こなせると思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では、また!

-エディーバウアー, ファッション情報
-