ライフスタイル

新しくなったマインドフルネスアプリがかなり使いやすい!【瞑想習慣】

こんにちは!

グーグルやフェイスブックといった前衛的な企業が取り入れているとして、

日本でも広まりつつあるマインドフルネス瞑想ですが、

おっさんも数か月間続けてみて効果をかなり感じています。

過去に起こったことで思い悩んだり、

まだ起こってもいない未来のことで不安になったりして、

「今、この瞬間」と向き合えないようなことがほとんど無くなりました。

おっさん、マインドフルネス瞑想を行うときはiphoneのアプリを利用しています。

ここまで継続的に続けられているのはアプリのおかげっていうのもあります。

このアプリが最近新しくなって以前より使いやすくなりましたのでご紹介したいと思います。

広告



マインドフルネスとは

 

はじめにマインドフルネスとは何かを復習したいと思います。

マインドフルネス(英: mindfulness)は、今現在において起こっている内面的な経験および外的な経験に注意を向ける心理的な過程である 。

引用:wikipedia 2017.2.9

マインドフルネス=瞑想と思っている方がいますがちょっと違います。

瞑想はあくまでマインドフルネスな状態に至るための手段です。

関連記事

 

マインドフルネス瞑想

マインドフルネスな状態に至るための手段として用いられるのがマインドフルネス瞑想です。

瞑想と西洋科学を融合させ宗教性を排除し、

より多くの人に受け入れやすくしたのがジョン・カバット・ジンの最も大きな功績ではないでしょうか。

マインドフルネス瞑想はいつでもどこでも行える

ジョン・カバット・ジンは次のような言葉を残しています。

"Wherever You Go, There You Are: Mindfulness Meditation in Everyday Life"

マインドフルネス瞑想は座って行う方法だけでなく、

立位でも、横になっても、歩きながらでも行えます。

とはいえ習得の段階では瞑想を行いやすく短時間でも良いので中断されないような環境が望ましいでしょう。

 

新しくなったアプリケーション

広告

マインドフルネス・アプリ:みんなのための瞑想

マインドフルネス・アプリ:みんなのための瞑想
開発元:MindApps
無料
posted with アプリーチ

新しくなったマインドフルネス・アプリを使ってみました。

以前に比べると大変使いやすくなっており、

今回からできた入門編はかなりおすすめの機能です。

5日掛けて段階的に進むので習慣化もしやすいです。

また以前のアプリで日本語の音声ガイダンスの男性の声が苦手とか、

生理的に受け付けないとかという正直すぎるレビューが結構多かったのですが、

入門編の音声ガイダンスは癖のない女性の声となっています。

本編の音声ガイダンス付き瞑想の方は以前と同じです。

アプリ内課金により様々なバリエーションの音声ガイダンスが購入できますが、

日本語のものは、まだないので残念です。

本編の音声ガイダンスも入門編の女性の声になったら、

かなり利用者が増えるのではないかと思います。

 

まとめ

おっさん、マインドフルネス瞑想を行うようになって、

過去や未来のことで必要以上に思い悩んだりすることは減りました。

寝つきと目覚めが良くなって普段もなんとなくスッキリとした感じです。

「今、この瞬間」に向き合えている感じです。

おっさんにとっては、これがプラセボかどうかはあまり重要な問題でなく、

今現在このような状態でいられること自体が有益です。

習慣化するのにマインドフルネスアプリはとても役に立っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

では、また!

-ライフスタイル
-