ライフスタイル その他

ここから先は花粉だらけの地獄だぞ!そんな装備で大丈夫か?

こんにちは!

今年も外出するのが憂鬱な時期がやってまいりました。

そう花粉シーズンの到来です。

ウェザーニースによれば今年は西日本を中心に2016年の4倍の見込みといいます。(怒)

杉が真っ赤でほんとムカつく!

何もかにもが花粉まみれに感じる。こんにゃろー!

しかし、おっさんも花粉症歴かなり長くなり、

辛い時期をのりこえるためのノウハウが身について参りました。

そんなわけで、本日は自分でできる花粉対策についてご紹介します。

広告



花粉対策

なんといっても花粉症で辛いのは、

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの目、鼻症状。

自分でできる対策といえば、

できるだけ花粉が体に入ってこないようにすることです。

花粉の飛散状況などを調べて、

極力外出を避けたり花粉対策用メガネやマスクなどを活用して、

積極的に花粉対策に取り組むことで辛い時期を乗り切りましょう!

 

花粉対策用 眼鏡(メガネ)

普通のメガネでも1/3くらいの花粉をカットできますが、

専用メガネでは最大98%もの花粉をカットするそうです。

花粉の時期は風も強いので砂、ホコリ対策にも良さそう。

自転車に乗る人はなんかは一年中使えそうですね。

 

JINS | 花粉CUT SLIM

スポンサーリンク

JINSの花粉CUT メガネは紫外線も99.9%カットで屋外使用に最適です。

子供用もあるのが嬉しいですね。

 

  • スタンダード ¥3,000~
  • スリム ¥5,000~
  • ジュニア ¥3000~
  • キッズ ¥3000~

 

zoff

スポンサーリンク

Zoffの花粉対策メガネ「AIR VISOR」は¥3,000

紫外線カットはないんですが、

サイズ展開が豊富で、+¥2000で曇り止めレンズにすることができます。

ディズニーコラボモデルもお値段変わらずなので、

好きな人には良いかもしれません。

 

マスク

花粉の粒子は意外と大きく大概のマスクが有効ですが、

隙間があると元も子もありません。

顔の形にあったものを選び、隙間ができないようにつけましょう。

 

三次元 高密度マスク

スポンサーリンク

顔への密着率が優秀です。

 

プリーツガード

スポンサーリンク

きちんと合わせれば顔への密着も良く、

コスパも良いので汚れたら惜しげもなく使い捨てることができます。

 

ノーズマスク ピット

スポンサーリンク

なんと鼻腔用のマスクです。

普通のマスクと併用すれば外からは見えませんしかなり鉄壁です。

 

ワセリン

スポンサーリンク

おっさんの場合、鼻腔の入り口に塗布しておくとかなり症状が和らぎました。

目の周辺に塗っておくと目に入る花粉が減るそうです。

マスク・メガネとの併用が良いと思います。

 

鼻ケアスプレー

ハナぴゅあ

スポンサーリンク

最初は抵抗があるかもしれませんが慣れると気持ちが良いです。

ほのかなハッカ・ユーカリの香りがお気に入りで、

おっさん花粉の時期以外も使っています。

 

まとめ

花粉症のつらい症状は目、鼻など顔に集中していますから、

顔の防御を固めることが有効です。

病院でもらった薬を飲むにしても、

体に入ってくる花粉が少ないに越したことはありません。

特に今年は特に花粉の量が多いという西日本のみなさん、

頑張ってこの時期を乗り越えましょうね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では、また!

-ライフスタイル, その他