ライフスタイル

ワークマンのイージスを着て気温-2度の中をバイクで走ってみた!

こんにちは!

バイクでキャンプツーリングに行くのが趣味のおっさんです。

でも、最近のキャンプブームで夏はおろか、

春秋でも結構キャンプ場が混雑していますよね。

みんなで、ワイワイ行くキャンプも楽しんですが、

おっさんは、ときどき一人で静かに過ごしたくなります。

林道でキャンプしちゃうような強者は尊敬に値しますが、

おっさんは、そこまで勇敢ではなく

もっぱらキャンプ場で泊まります。

さすがに気温が0度以下になってくると、

キャンプ場も人が少なめになってきて、

予約なしでも結構泊まれたりします。

しかし、問題は寒さ!

ただでさえ寒いのに、

バイクで風を切って走ったらもー、

体の芯から冷えて耐えられるものではありません。

そこで、バイクや釣りで良いと評判になっているワークマンのイージスです。

最近は早朝なら気温0度以下になることもありますので、

おっさん、実際にイージスを着て走ってみました。

 

関連記事

バイク、釣り、屋外作業に!ワークマンの透湿・防水・防寒スーツ「イージス」が優れている6つの理由

広告



【気温-2度】イージスを着てバイクで走ってみた!

早朝、気温-2度でイージスを着てバイクで走ってみました。

ちなみにイージスの内側は、

上:ユニクロのヒートテック、長袖Tシャツ(薄手)、フリース

下:ユニクロのヒートテック、ジーパン

結果、

うーん、イージスすごい!

全然寒くありません。

イージスの襟が高いので、

フルフェイスと合わせれば首元のガードはかなり堅いです。

手首はリブ付きで、

さらにベルクロで止めれば隙間がなくなります。

ズボンの裾もベルクロで止めることができます。

ウエスト部分は股上が高く、

上着の裾がゴムでしぼれるのでここも問題なしです。

それぞれちゃんと隙間をなくせば風の侵入もほとんどなく、

-2度の極寒の中でもかなり快適に走れました。

さすがに1時間ほど走るとイージス自体が冷えてきますが、

これは電熱でない限りは一緒かと思います。

冬のツーリングは適度に休憩を取りながらゆっくり行きたいですね。

スピード出すと寒いですしね。

 

さらに快適にツーリングするために

イージスの防風性能はかなり高いですが、

電熱と違って発熱するわけではないので、あたたかくはありません。

長時間連続で走っていると、さすがにちょっと冷えてきます。

そこで!

昔ながらの張るホッカイロが便利です。

おっさんのおすすめは膝と胸と手、足です。

手はおっさんの場合はハンドルカバーの上側に貼っています。

なになに、

ハンドカバーが恰好悪いですって!

確かにおっさんもそう思います。

しかし、この真冬にバイク乗ってるっていうだけで、

別の意味で恰好良いじゃあありませんか!

広告

おっさん、あとは靴下の足先に貼ります。(ここだけ専用品を使ってます)

イージスで防風がほぼ完ぺきなので、

合計8つも熱源があるとかなり暖かくなります。

コスパ悪いんじゃないかって思うかもしれませんが、

貼るホッカイロは、アマゾンとかで30個入りで600円の世界ですから、

8個使っても160円くらいです。

広告

まとめ

ワークマンのイージスを着て気温-2度の中をバイクで走ってみました。

イージスとホッカイロなどの少しの工夫で、かなり快適に走ることができました。

今年は冬のツーリングキャンプがはかどりそうです。

冬の朝起きて食べるラーメンが最高に美味いんですよねぇ。

おっさんは趣味で月数回乗るくらいですが、

バイクで通勤などされている方、

イージスはほんとおすすめです。

 

-ライフスタイル
-, ,