おすすめ漫画

おすすめの漫画 ダンジョン飯 アニメ化も期待!

2017/02/23

 

こんにちは!

三度のメシより、漫画好き。

俺が死んだら、棺に必ずマンガを入れてくれと家族にも言っているおっさんです。

 

みなさん、RPGゲームはしますか?

ゲームに出てくるようなダンジョンの中で、食べるものがなくなってしまったらどうしたら良いでしょう。

答えは、そう!

広告

 

モンスターを調理して食べる漫画

この漫画は、モンスターをいかにおいしく食べるかという漫画です。(マテ

はっきりいって、目の付け所が違います。

以下の華麗なる賞歴をご覧ください。

  • 2015年度コミックナタリー大賞・第1位
  • このマンガがすごい!2016(宝島社)・オトコ編1位
  • THE BEST MANGA 2016 このマンガを読め!・第1位
  • 全国書店員が選んだマンガランキング2016・第1位

出典:wikipedia 2016.10.23

 

作者:九井 諒子(くい りょうこ)ってどんな人?

こんな漫画を思いつくなんて、作者の九井 諒子(くい りょうこ)っていったいどんな人なんでしょう?

同人作家としての一面も持ち、同人誌即売会、pixiv、自身のウェブサイト等で作品を発表していた。

2011年より、商業誌にて作品の発表を開始。

2013年、『ひきだしにテラリウム』で第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。

2014年、自身初の長編連載『ダンジョン飯』を開始。

出典:wikipedia 2016.10.23

なるほど、同人出身の方なんですね。

今は能力さえあれば、作家自身がウェブを通じて作品を発表したり自分自身でプロデュースしていける時代ですものね。

そういえば、最近話題の「モブサイコ100」や「ワンパンマン」の作者、ONE氏もそうでしたね。

モブサイコ100が面白い(漫画・アニメ)

巨匠の駄作、無名漫画家の名作など普通にありますから、おっさんはこの傾向は大歓迎です。

読者は面白い物を求めていて好みも多様化していますから、この傾向は今後も加速していくでしょうね。

紙の書籍から電子媒体へと漫画も進化していくのでしょう。

おっさんは、古い人間なんで紙の本をペラペラめくりながら読むのは好きですけど、

最近老眼気味なんで文字の大きさを自由に変えられる電子書籍はやっぱりありがたいですもの。

 

 

作者:九井 諒子(くい りょうこ)の代表作

ダンジョン飯

 

ひきだしにテラリウム

広告

 

竜の学校は山の上 九井諒子作品集

広告

 

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子

広告

 

うん、もう表紙からして個性が感じられますね。

おっさんの近隣の本屋でも奥の方で、でも平積みされていることが多いです。

なんていうか、すごく一般受けではないけれど、漫画好きな人が押したくなる作品なんですよね。

 

 

主要登場人物

ライオス

物語の主人公でパーティーのリーダー。

ダンジョン探索の途中で強いモンスターに襲われ、あわやというときに転移魔法で脱出。

しかし、妹がダンジョンの中に置き去りになってしまう。

一刻も早く救出に向かいたいが、お金があまりない。

食料をダンジョンで自給自足、つまりモンスターを食べながら探索をすることを思いつく。

 

マルシル

エルフの魔法使いで、ダンジョンの奥に置き去りになった主人公の妹ファリンとは親友。

登場人物の中では常識人でモンスターを食べることには最初抵抗を示すが・・・美味しい物は美味しい。

モンスターを食べることに肯定的なライオスとセンシと、対比的。

 

チルチャック

ハーフフットという亜人で、シーフや狩人的な役割。

モンスターを食べることには、肯定でも否定でもないが

ライオス、センシ程楽天的ではなく、モンスターという未知の食べ物に対して慎重派。

安全が確認されれば、抵抗なく食べる。

センシ

ダンジョンで暮らしていたドワーフの戦士(調理師?)

ダンジョンの環境やモンスター食に関しての知識を持ち、目的が合致して主人公たちと一緒に行動することとなる。

 

みどころ

作品の見どころはやはり、通常は食料ではないモンスターを食べるところ。

味や食感が何に似ているかとかモンスターに食料としての設定を付加してリアリティーを増している。

またモンスター食に関する意見や態度の違いなどの主人公たちの対比もうまい。

主人公たちのアイデンティティの変化も、現実の昆虫食のようで考えさせられる。

実際には食について考えさせられる意味深い作品なのだけれど単純に読んでいても面白いです。

 

まとめ

おっさんのお気に入りの漫画「ダンジョン飯」のご紹介でした。

「ダンジョン飯」は漫画雑誌「ハルタ」に連載中で、単行本は現在1~3刊が発売中です。

アニメ化についても期待されており、2ちゃんねるにスレッドがたつほどです。

アニメになったら面白いっていうのは、おっさんも容易に想像できます。

早くならないかな。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

では、また!

-おすすめ漫画
-