ファッション情報

月の洋服代は5000円!ファストファッションを効果的に買おう。

2016/10/08

EV185142009_TP_V

 

みなさん1か月の洋服代はいくら位ですか?

おっさんの場合はだいたい5000円くらいです。

もちろんアウターや靴のような値の張るものは、もうちょっと頑張るんですけど、そういうのを買うのはせいぜい年に数回です。

それ以外は下着やベルトや帽子なんかの小物も含めて、だいたい月5000円くらいです。

これって、多いのか少ないのか気になりますよね。

もちろんお金持ちもそうでない人もいて、人それぞれというのは分かっていますが、平均的にはどうなのか・・・

ちょっと気になったので調べてみました。

 

一人当たりの平均的な被服費(洋服代)を求めてみると

2012年の1世帯当たりの被服費の平均は11,453円、平均世帯人員は2.57人として、

11453÷2.57=4456(小数点以下切り捨て)

4,456円!

私の月の洋服代5000円はまあまあ妥当な金額といえるようです。

参考:日本の被服費の推移

参考:平成24 年 国民生活基礎調査の概況(厚生労働省)

 

5000円で買える服って基本ファストファッションじゃないか

今はユニクロなどのコスパの高いブランドが結構ありますが、それでも月5000円はなかなか厳しいですよね。

例えばトップスかボトムス4,000円とソックスかインナー1,000円でもう5,000円です。

時々は靴やアウターなど比較的高めのものも買わないといけないですから、もっと抑えなければいけません。

おしゃれに見せようと思ったら、コスパの高い商品を上手に着まわしていかなければなりません。

人と被るのは避けたいし、一つのブランドで良い物とそうでない物が混在していますから、目利きにならないといけません。

 

コスパの良いブランドとおっさんから見た特徴

UNIQLO

値段は手ごろで品質が良い。

シルエットはイマイチ。

シルエットが特徴的でユニクロとバレ易く(ユニバレというそうです)、人とかぶり易い。

スーピマコットンのTシャツやボクサーパンツは着ていて気持ちが良い。下着類の耐久性は良い。

スキニーフィットテーパードのパンツやセルビッジスリムフィットジーンズなどボトムスは特におすすめ。

 

GU

とにかく値段が安く、1000円台のアイテムも多くあり気軽に買える。

10代後半から20代くらいまでがメインターゲットか、流行を意識したアイテムもある。

おっさんがこの品質で全部そろえてしまうとちょっと安っぽい感じはする。

 

無印良品

生地はユニクロの方が良いが、シルエットはこちらが良い。良い意味で尖っていない。

下着類の耐久性はあまり良くないと思う。以前買ったオーガニックコットンノースリーブは洗濯数回でベロンベロンに伸びてしまった。

足なり直角靴下は履き心地が良く常用しています。

ブロードシャツオックスフォードシャツはとくにおすすめ

 

H&M

スウェーデン発のファストファッションブランド

値段は特に安いが、品質はあまり良くない。

デザインやシルエットは良い。

 

ZARA

値段は高いがファッション性が高い。

高いといっても5000円くらいから、靴やバッグは普通に万超えます。

トレンドのアイテムが店頭に並ぶのが早い。

 

GAP

アメリカンカジュアル

品質は良好、シンプルで使い勝手の良いアイテムが多い。

Old Navy(低価格)、Banana Republic(高級)という兄弟ブランドもある。

GAPのTシャツは乳首が透けにくいと有名です。

 

RAGE BLUE/HARE

値段は手ごろで、シンプルで洗練されたアイテムが多数。

メインターゲットは若年層ながら、デザインがシンプルなのでおっさんでも恰好良いと思います。

 

 

まとめ

おっさんユニクロ無印基本シルエットを作って、ZARARAGE BLUEなどから1点トレンドのものを取りいえるようにしています。

おっさんが気負いすぎると、かえって恰好悪いですから、力が抜けて見えるように意識しています。

店舗は大き目サイズは少ないこともあるので、ネット通販などもよく利用します。

RAGE BLUEのショップなんかはおっさんは少し入りづらいですしね。

個人の趣味と偏見に満ちた記事ですが、少しでもみなさんのお役に立ちましたら幸いです。

-ファッション情報
-, ,